風俗で弾ける

風俗の良さ、体で味わいました

かなり遅い…というか、アラフォーでの風俗デビューは相当遅いんじゃないかなとは思いますけど、とりあえずこれでいろいろな意味で男になれたんじゃないのかなって思っています(笑)風俗って興味のない人はいないと思うんですけど、遊ぶきっかけがないと結局遊ぶことなく、いつまでもそのまま後回しになってしまうものじゃないですか。自分もそうだったんですよね。でもこの前、ついに風俗デビューしたんです。そして実際にその良さを体で味わってきたんですけど、体で味わったからこそ言えることがあります。それは、風俗は理屈じゃないなと(笑)頭の中でどれだけ考えても、ましてやあれこれシミュレーションするとしても実際に女の子がもたらしてくれる物は想像以上の破壊力がありました。そして、これは自分では得られるものではないなと言うことも分かりました。オナニー都は別物だということも良く分かりましたので、これからは風俗、便りにしたいなと。

ステータスを聞かれないだけでも風俗

ここ最近ですけど、婚活パーティーに良く足を運んでいたんですよ。婚活パーティーが好きな訳じゃなくて、そろそろ将来の子をも考慮しなければならないなって思いがあったんですよね。やっぱりそれなりに親孝行もしたいですし。そうは思いつつも、どの婚活パーティーでも結局みられるのは収入と職業。休日に何をしているのかさえほとんど聞かれないし、仕事のことや、将来的に収入がどうなるのかとかそんな話ばかり。だからもう婚活パーティーはいいかなと(苦笑)こんな目に遭いながらも婚活パーティーに通う程自分はマゾではありません。これなら風俗の方が何百倍もいいですよ。だって風俗では自分のステータスや収入を聞かれるようなことはありません。自分の好きなように遊べるってことだけでも、風俗の方が断然素晴らしいんじゃないのかなって思いますので、今後はもう婚活パーティーには参加しません。その分、もっともっと風俗でガンガン遊びたいなって思っています。